沖縄県立与勝緑が丘中学校

校長挨拶

「校長だより」

「さらなる高みへ」

 令和3年度与勝緑が丘中学校・与勝高等学校の校長を拝命しました、宮城保(みやぎ たもつ)と申します。与勝高校は、昭和55年に開校し、与勝緑が丘中学校は、平成19年度に1期生を迎えました。県内では歴史の浅い若い学校でありますが、伝統校に負けない実績と校風を誇り、地域の拠点校としてまた県立学校初の中高一貫教育校として伝統は確実に育まれ、着実に進歩・進化しております。
 与勝緑が丘中学校の生徒達は、勉強や部活だけでなく清掃活動にも熱心に取り組み、明るい雰囲気で学校生活を送っています。令和2年度の生徒の活躍としては、第12回全日本少年春季軟式野球大会野球部県大会3位、第7回沖縄県中学校演劇祭銀賞、第1回沖縄県中学校ダンスコンテストスモール部門銀賞、日本漢字能力検定「最優秀団体賞」受賞、第15回平宮護岸アートコンクール平宮特別賞(アイディア賞)などがあります。各種検定にも積極的にチャレンジする生徒が多く、英語検定、数学検定、漢字検定等に多数の合格者を出しています。校内美化・緑化にも力を入れ、生徒会主催のおそうじ大会は本校の名物行事として定着しています。このように本校は生徒・職員が一丸となり、さらに高みを目指す雰囲気の中で学べる学校です。
 今年度も、校訓「自主・創造・誠実」の下、先達の築いた伝統を礎に文武両道を実践し、21世紀の時代に求められる幅広い知識・技能と豊かな人間性を備えた人材を育成してまいります。また、保護者、同窓会、地域の皆様及び関係機関等のご支援ご協力のもと、本校のさらなる発展のために誠心誠意取り組んで参ります。

令和3年4月1日
沖縄県立与勝緑ヶ丘中学校・与勝高等学校
校長 宮城 保

「校長だより」